Excelショートカットで行選択ができない時の解決方法

Excelショートカットで行選択ができない時の解決方法

Excelを操作するときに行を選択したり、移動したりするショートカットキーはExcelでの業務を高速化するのに必須ですよね。

この行選択のショートカットが何故か上手く使えない場合があります。

この原因と解決方法を見つけたのでまとめておきます。

日本語入力モードのときにShift+Spaceが使えない

Excelではショートカットキーで

Ctrl+Spaceで選択しているセルのを全選択
Shift+Spaceで 選択しているセルのを全選択

ができるのですが、なぜか日本語入力モードになっているときだけ、このShift+Spaceを押しても行が選択されず、ただスペースが入るだけになってしまいます。

Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法
日本語入力モードだと、C4を選択した状態から

解決方法

IMEアイコンを右クリック→「プロパティ」をクリックします。

Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法
Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法

「詳細設定」を選択すると、下のような画面が出てくるので、
「全般」タブの「編集操作」→「変更」をクリックします。

Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法


ここで、「Shift+Space」の行の「入力/変換済み文字なし」の列のマスをみると、デフォルトでは別幅空白が設定されています。

これがShift+Spaceで空白が入力される原因でした!

Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法

ここで、「Shift+Space」の行の「入力/変換済み文字なし」の列のマス を選択し「変更」をクリックします。



下の画面が出てくるので、一覧から何もしないという意味の「-」を選びOKを押します。

Excelショートカットで行選択が出来ない時の解決方法

開いている画面を全てOKを押して閉じます。

これで 「入力/変換済み文字なし」のときShift+Spaceを押しても空白が入力されなくなりました。

さあ、Excelを開いて日本語入力モードのままShift+Spaceを押してみてください!!
半角英字入力モードのときと同様に、行が全選択されるようになっているはずです!